脹滿

腹大にして鼓の如く、面目四支腫れざるものを脹満という。

また、鼓脹という。皆脾土の湿熱、病を為すなり。

療治の大概より

脾胃の気虚弱く水穀を運輸事ならずして聚りて散ぜず、腹張るなり、鼓脹ともいう。

  • 氣海 三陰交 上脘 中脘

鍼灸遡洄集より

心腹脹滿腸鳴し、臓気虚憊するに 足三里 足上廉 陽陵泉を深く刺す。

心腹脹滿胃中の熱には絶骨を深く刺し内庭を浅くさす。

小腹脹滿痛むには、中封 然谷を浅くさす。

腹暴脹悪脾疼痛するには、中脘  陰市 足三里 曲泉を深くさす。

腹堅く腫れ鼓の如きは、水分 復留 三陰交を深くさす。

堅牢胸腹膨膨気鳴るものは、合谷  手三里を浅く刺し、期門を深くさす。

気脹、寒脹、脾虚、中滿には、上脘 章門 関元 承滿 期門を深くさす。

鍼灸重宝記より

腎を水とし、脾土を堤とす、故に脾腎虚するときは腫脹をなす。

遍身腫るるを水腫とし、腹ばかり大にして鼓の如く、面目手足腫れざるを脹満といい、蠱脹ともいう。

脈洪大は良し、微細は悪し。

針 上脘 三里 章門 陰谷 関元 期門 行間 脾兪 懸鍾 承滿 復留

灸 三里 章門 脾兪 承滿

※ 水腫は全身が腫れるが腹ばかり腫れるのを脹満という。

腫は軽く 脹は重い症である。

 脈と症が一致するものは良いが、相反するものは悪い。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square