泄瀉

泄瀉

大便が希薄、あるいは、さらに水様性となって回数が増すこと。

六淫の外感、食積、痰阻、脾腎虚弱、情志失調にて、脾胃の運化と腸管の機能が乱れることによっておこる。

療治の大概より

脾胃弱く、食物を過し、或は風寒暑湿の気に當り泄瀉する也。

関元 大腸兪 気海 章門

小児の乳を多く飲み脾を傷るによる

関元 気海

鍼灸遡洄集より

  • 泄瀉腹痛し腸中雷鳴し変化せざるには、中脘・天枢・足三里を深く刺す。

  • 腸鳴し、卒やかに痛み泄利して食を欲せず飮食下らざるには、不容・承満を深く刺し、粱門・関門を浅く刺す。

  • 泄利腹寒へ臍痛むには、幽門・腹結を深く刺し、腹哀を浅く刺す。

鍼灸重宝記より

  • 胃泄は、胃虚して剋化せず黄色にて食物とろけず。

  • 脾泄は、脾虚して五臓に分散せざるゆえに腹張り嘔逆す。

  • 大腸泄は、大腸寒邪あるにより食後に腸痛む。

  • 小腸泄は、小腸痛み膿血をまじへくだし小便しげし。

  • 大瘕泄は、裏急にしてしぶりて通じがたし陰茎の中痛む。

関元・復留・長強・腹哀・天枢

三里・気舎・中脘・大腸兪・小腸兪・脾兪・腎兪(えらび用ゆ)

タグ:

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square