大巨(だいこ)

不眠症(入眠障害) 男子の不妊

基本的には、外陵と同じ使い方をする。(下腹部の冷え、虫垂炎等)

鍼灸医学全書より

鍼三分乃至八分 灸五壮

「節約」

驚悸して眠られざる、小便利せざるを治す。

  按ずるに外陵、大巨の四穴男子の無嗣を主治す。

  若し、男子の少腹筋攣して緩豊ならず、毎に疝瘕苦しむは、

  則ち交接の時、精、子宮に射つこと能わざるなり。

  嗣を求むるの人、毎に此の四穴に於いて、或は針し、或は灸すれば、

  乃ち久しくして少腹の寛解を覚う。

  以て煕煕の台に登らば、鳳雛龍卵、豈に得難らんや。

鍼灸治療基礎学より

主治:大腸の病を主る。

下痢、便秘、腸炎、腸結核などに効く。

  また、腎炎、腎盂炎等の腎疾患にも必須の穴であり、

  子宮内膜炎、帯下、不妊症、月経不調等の婦人科疾患、膀胱炎、淋疾等

  の下腹部の病気にとり大切な穴である。

  特に坐骨神経痛やリウマチには大切な穴である。

鍼灸素霊会より

  • 腹には灸がよい

  • 左の場合(子宮筋腫など)は、鍼、しかし、他でとれるなら腹にはあまり刺さない。刺す場合には下から上に刺す。

  • 腸の故障

経穴mapより

主治:下腹脹痛、腸鳴、生理不順、生理痛、小便不利、尿管結石、生殖器疾患、水腫

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square