缺盆

缺盆

めまい 五十肩

五十肩

腹診で右の季肋部にかたまりは水、これは過飮、水の取りすぎによるもの

条口と缺盆をつかう。

条口が水と取る作用で缺盆は水を押し出す作用

条口と缺盆は水が原因となる五十肩の穴となる。

めまい

左の季肋部にかたまりがある人は、大抵、めまいを起こしている。

めまいの人は豐隆と缺盆

条口 豐隆 缺盆は 水による「めまい」「五十肩」に良い

心窩部に水がたまってつかえる人は、両方の尺沢と缺盆を使うとよい。

缺盆は他の穴と合わせて使う。

医学全書

別名: 天蓋 尺蓋

主治証:喘息 肋膜炎 扁桃腺炎 瘰癧 頚肩部諸筋の炎症

上肢の麻痺及び痙攣 腕神経叢の神経痛 横隔膜痙攣 息賁

刺灸:鍼三分 灸三壮

備考:「和語鈔」

「胸満 喘急 水腫 瘰癧 喉痺 汗出 寒熱 缺盆の中腫れ 外潰して

則ち胸中熱満を生じ、傷寒胸熱して已まざるうぃ主る。」

鍼灸治療基礎学

缺盆は胃経の穴であるが經絡はここを通るものが多く。大腸、小腸、三焦経、胆径などが通っており、類型図翼には、

「五臓六腑の道を為す。」との註がある。

経穴map

咳嗽 喘急 胸部苦満 咽喉腫脹 胸郭出口症候群 缺盆痛

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square