頬車(きょうしゃ)

言葉に力がない 顔面神経麻痺

言葉に力がない 語尾がすーっと消えてしまうのは肺虚証

頬車と肺虚で治療する。

こういった方は、後天が宗気にまで上がってこないので、中脘を使う。

上中下脘と肺虚証 頬車は忘れてはいけない

顔面神経麻痺

口から下でヨダレが垂れる人は承漿と頬車と合谷 人中も使う。

人中 頬車 承漿  合谷

鍼灸医学大全

別名:機関 曲牙 鬼林(鬼牀)

主治:顔面神経痛・麻痺 三叉神経痛 舌骨筋麻痺 頷頬炎 頸部の筋痙攣及び神経痛 回顧不能

咀嚼筋痙攣 面疔 中風

刺灸:鍼四分 灸三壮乃至七七壮

入門「鍼入ること三分、灸三壮」

銅人「日に灸七壮可し。七七壮に至れば止む。」

備考:

入門「口辟痛、以て噛む可からず、失音、牙疼痛、頷腫れ、項強張り、風寒を悪むを主る。」

節約「牙関開かず、頸こわばりて回顧することを得ず、牙齒疼痛を治す。」

鍼灸治療基礎顎

主治:下歯痛、または歯根膜炎に鍼して効あり。又は、顔面神経麻痺、三叉神経痛にも効く。

鍼灸素霊会

  • 下歯痛(奥歯)の名穴

  • 真後ろから前に向けてさす。

  • 骨そのものを刺すように響かせる。

  • 「秘法一本鍼伝書」より参照

経穴map

顔面神経麻痺に地倉まで刺鍼

顔面神経麻痺 三叉神経痛 咬筋障害 耳下腺炎 歯痛 下顎関節障害

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square