迎香

臭いがわからない (病気をして臭いのわからない人)

鼻の病気全般に効果あり。

臭いのわからない人

合谷 上星 攅竹 迎香 (+印堂)

※印堂は前穴をつかってもダメな場合追加

 晴明 攅竹は、体で一番痛いので合谷を使う。

肺肝胆の本治を加えた上で追加として使う。

 臭いのわからない原因は、

肺→肝→胆の順で探していく。

風邪をひきやすい人は、肺虚体質、脉診、腹診で素因を見定める。

鼻のむず痒い人

迎香で構わないが、

  • 山根にむけて水平刺(胃経の流注に沿う)

  • 直刺もしくは、上から下にむけて刺す。

半身不随で臭いのわからない人

印堂→(攅竹)→合谷

上から刺し、鼻に響きがでれば、攅竹はやらずに合谷のみでよい。

※鼻水が透明な人は肺虚 

鍼灸医学全書

主治: 鼻腔疾患 鼻カタル 鼻孔閉塞 嗅能減退 衄血 喘息 顔面神経麻痺

刺灸: 鍼三分 禁灸

銅人に、「鍼三分留むること三呼、宜しく灸すべからず。」とある。

備考: 節約「鼻香臭を聞かず、偏風口喎を治す。」

入門「眼目赤く腫れ、鼻塞がり香臭を聞かざるを主る。」

鍼灸素霊会

  • 鼻づまりでひどい場合に使う。

  • 片方がどうしてもダメなときは、迎香から印堂へ向かって突き上げる。(くしゃみと共に抜鍼)

  • 鼻に熱があるから、鼻がつまる。

  • 花粉症の鼻づまりには、適用しない。

鍼灸治療基礎学

上歯痛に効あり、又、顔面神経麻痺、嗅覚麻痺、三叉神経痛に効く。

蓄膿症、厚肥性鼻炎においては、この穴に鍼するとよいが、瀉血すると一層効果がある。

鍼をして、2~3回で嗅覚麻痺の治った例あり。

経穴map

鼻の諸疾患 顔面神経麻痺 三叉神経痛

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square