大迎(たいげい)

大迎という穴の効用 使用法です。

歯痛 顔面神経麻痺 リンパの異常の反応点

あごの下のリンパの異常の反応が出るところ

顎下のリンパが少し大きくなっていても、大迎に反応がでていなければ病気と見なくてもよい。

鍼灸医学大全

別名:髄孔

主治:顔面痙攣及び麻痺 三叉神経痛 頸部神経麻痺 間厥熱 耳下腺炎 舌筋痙攣 瘰癧 牙関緊急

刺灸:鍼三分 灸七壮

※甲乙に「刺入すること三分 留むること七呼 灸三壮」とある。

備考

和語抄「風痙口瘖、口噤して開かず、唇吻瞤動、舌こわばり、舌緩みて収まらず、言うこと能わず、目痛みて開くこと得ざるを主る。」

入門 「頭痛、面浮れ、目瞤(またたく)、口喎み、口噤みもの言わず、下の牙齒痛み、寒熱瘰癧しばしば欠気 風痙 頬頷腫れ

面に連なるを主る。」

節約 「寒熱頸痛、唇吻瞤動して止まず、舌こわばり、言うこと能わず、目痛みて閉ずることを得ず。」

鍼灸素霊会

  • 牙関緊急

  • 下歯痛

  • 喉痛

鍼灸治療基礎学

下歯痛又は、歯根膜炎に鍼して効あり、顔面神経麻痺、三叉神経痛にも効く。

『霊枢』に「下歯むしくうものは、大迎をとる。」とある。

経穴map

顔面神経麻痺 三叉神経痛 口噤痙攣 耳下腺炎 歯痛

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square