帰来(きらい)

取穴

「医学全書」

天枢の下方四横指径にして中極の両傍二横指半の点に取る。

主治

「医学全書」

睾丸炎、精系神経痛、陰経痛、卵巣炎、子宮疾患、膀胱疾患、月経閉止、不妊症、

腟炎、痿茎、泌尿器生殖器痛

「治療基礎学」

男女泌尿生殖器疾患を主る。

膀胱炎、尿道炎、子宮内膜炎、子宮筋腫、月経不調、陰痿症、夢精等にきく。

「鍼灸素霊会」

腎、膀胱、婦人科疾患、前立腺肥大等の異常があるときに圧痛が出る所。

これは、曲泉か陰谷でとる。

婦人科系疾患に使う経穴

特に瘀血をとる

※瘀血…糖尿病、癌、子宮関連の病、五十肩、膝の痛みなど瘀血を原因とする。

他に気海にも同じ作用がある

気の付くツボ抑えておかないといけない。

下腹部の内蔵の瘀血をとるには

中極、気海、帰来+血海を合わせる。

腎兪、関元兪、帰来を使って骨盤内蔵の熱をとる。

虚証には、帰来、腎兪、関元兪

実証には、帰来、気穴、中極

※関連経穴

中極(任脉)…関元の下一寸にあり。臍下四寸にとる。

気穴(腎経)…白条を去ること半指横径にして臍下四寸にとる。

血海(脾経)…足を伸べて陰陵泉の通りを圧上すれば指止まる陥中にあり

腎兪(膀胱経)…正座して之をとる。臍と平。督脉の命門の両傍にとる。

関元兪(膀胱経)…伏して本穴をとる。十七椎下方二横指径の部にあり。

陰谷(腎経)…膝の内輔骨の後、委中の通りのうちつら。

曲泉(肝経)…膝を曲げてとる。膝の横紋の頭にとる。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square