伏兔(ふくと)

部位

「医学全書」

大腿の前面の外側、膝蓋骨の外上縁より上方六寸の処にあり

「経穴map」

脾関と犢鼻の間で膝蓋骨外側上縁から脾関に向かい上六寸にとる

主治

「医学全書」

下肢痙攣または麻痺、厥冷、頭痛、脚気、外股皮神経痛、肺癆(肺結核)

蕁麻疹、婦人病

「鍼灸治療基礎学」

腓側大腿皮神経痛を治する。

また坐骨神経痛を治するに大切である。

中風、半身不随、下肢麻痺、脚気等に効く。

食事性の蕁麻疹の治療穴

腎の築賓と内庭、裏内庭とセットで使うとよい・

また、食事性の蕁麻疹による痒みには上記に加えて肩髃を使うとよい。

「経穴map」

大腿痛、片麻痺、膝関節及びその周囲の軟部組織の知覚・運動障害

「鍼灸素霊会」

  • 首が前に曲がらないときに良い

  • 頭痛、下肢麻痺、痙攣

  • 膝周辺の痛み(成長痛)

備考

足陽明の脈気発する処

腎、輸尿管、子宮及びその周囲の疾患に応用す。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square